「SG080iBK/SL」ビックカメラがWindows10搭載の8.0インチタブレットを発売、従来モデルから値下げ

前へ

次へ

このページ内の目次

SG080iBK/SL、ビックカメラの8.0インチWindows10タブレット
従来モデルのスペックと同等でコンパクト化、値下げ

Sg080isl

CPU 1.33Ghz OS Windows10 発売 2015年12月22日
RAM 2GB ROM 64GB
ディスプレイ 8.0インチ 1920X1200 カメラ 2.0MP
メーカー 製品情報   直販 シルバー ブラック
価格 17,800円(64GB、WiFi) Amazon

更新:2015年12月26日

ビックカメラグループからWindows 10 Home(32ビット)を搭載した8.0インチタブレット「SG080iBK/SL」が発売されましたので、主な特徴とスペックを整理します。

ボディーカラーにブラック(SG080iBK)とシルバー(SG080iSL)の2モデルを揃え、発売開始は2015年12月22日から、ネットショップ「ビックカメラ.com」での直販価格(税別)は17,800円です。

ビックカメラグループのビックカメラおよびコジマ、ソフマップの店舗とオンラインショップで独占販売されます。(製造は、旭エレクトロニクス㈱)

従来モデル「インテルはいってる タブレット2」と同様に、メモリ2GBにストレージ64GB、ディスプレイはIPS液晶のWUXGA(1920X1200)などを搭載して、サイズをコンパクト化、価格をさらに値下げしました。

 

主な特徴(一部、製品サイトから引用)

  • ・CPUは、「Atom Z3735F」(1.33GHz、最大1.83GHz、4コア)
    グラフィックス:インテル HD グラフィックス
  • ・プリインストールOSは、Windows 10 Home(32ビット)
  • ・ディスプレイは、8.0インチTFTカラーWUXGA(1920X1200)、IPS、5点マルチタッチ対応
  • ・RAMは2GB DDR3L、ストレージは64GB
  • ・カメラは、前面が2.0MP、背面は5.0MP
  • ・外部接続には、micro USB 2.0、Bluetooth 4.0、無線LAN 802.11 a/b/g/n、micro HDMI
  • ・カードスロットは、micro SD
  • ・センサーは、加速度、GPS/AGPS
  • ・サイズ:213.6x123.5x8.3(mm)、重量:約360g、駆動時間:約4~5時間

 

主なスペック(初回掲載時点の情報)

Sg080ibk_sl_1

Sg080ibk_sl_2

Sg080ibk_sl_3

Sg080ibk_sl_4

Sg080ibk_sl_5

Sg080ibk_sl_6

 

関連するタブレット情報(当サイト)

タブレットの比較(2015年新春)、2014年発表の8インチWin搭載モデルのまとめ
2015年1月1日

8inchwintablet_2015

 

インテルはいってる タブレット2」ビックカメラ

Si02bfw

CPU 1.33Ghz OS Win8.1 with Bing 発売 2014年12月30日
RAM 2GB ROM 64GB
ディスプレイ 8.0インチ 1920X1200 カメラ 2.0MP
メーカー 製品情報 ㈱シアル 直販 ビックカメラ
価格 19,800円(64GB、WiFi) Amazon

 

「SG080iBK/SL」ビックカメラ

Sg080isl

CPU 1.33Ghz OS Windows10 発売 2015年12月22日
RAM 2GB ROM 64GB
ディスプレイ 8.0インチ 1920X1200 カメラ 2.0MP
メーカー 製品情報   直販 シルバー ブラック
価格 17,800円(64GB、WiFi) Amazon

トップに戻る

関連記事

前へ

「ZenPad 7.0(Z370KL)」ASUSがAndroid搭載7.0インチタブレットを追加、SIMフリーモデルまとめ

次へ

「EveryPadⅢ」ヤマダ電機が6.8インチAndroidタブレットを発売、SIMフリーで2枚のSIMを使い分け

Page Top