「Let'snote QV8(2020年春)」パナソニックのWin10搭載12.0型回転式2-in-1、性能連動カラー展開

前へ

次へ

このページ内の目次

Let'snote QV8(2020年春モデル)、パナソニックのWindows 10 Pro搭載の12.0インチ回転式2-in-1
性能連動のカラー展開

  • Let'snote QV8

    Let'snote
    QV8

    i7/8/512GB+LTE

  • Let'snote QV8

    Let'snote
    QV8

    i5/16/256GB

  • Let'snote QV8

    Let'snote
    QV8

    i5/8/256GB

 

更新
 2020年01月16日 関連モデル:10.1型回転式「Let'snote RZ8(2020年春)」、従来モデルを継承
 2020年01月15日

 

パナソニックからWindows 10 Pro搭載の12.0インチ回転式2-in-1「Let'snote QV8」の2020年春モデルが発表されましたので、主な特徴とスペックを整理します。

「Let'snote QV8」は、「A4用紙より小型」「3:2の画面サイズ」「頑丈&セキュリティ強化」を特徴として、2019年秋冬モデルに初めて投入されたモデルです。

発売開始は2020年1月24日からの予定で、店頭販売予想価格(税別)は以下の通りです。

2世代目となる今回の2020年春モデルは、スペックは2019年秋冬モデルを継承しており、2019年秋冬モデルからの変更は、CPU「Core i7」搭載モデルにストレージ256GB搭載モデルが店頭販売モデルのラインナップから外れて計3モデルとなり、性能に連動したカラー展開となりました。

  • ・Core i7 + メモリー8GB:ブラック
  • ・Core i5 + メモリー16GB:シルバー & ブラック
  • ・Core i5 + メモリー8GB:シルバー
  Let'snote QV8
i7/8/512GB
QV8PFNQR
i5/16/256GB
QV8NDMQR
i5/8/256GB
QV8NDGQR
CPU Core i7
8565U
(4コア)
Core i5
8265U
(4コア)
クロック 1.8GHz
MAX4.6GHz
1.6GHz
MAX3.9GHz
GPU Intel UHD 620
OS Windows 10 Pro 64bit
RAM 8GB
LPDDR3
16GB
LPDDR3
8GB
LPDDR3
ROM 512GB PCIe 256GB PCIe
ディス
プレイ
12.0インチ 3:2
2880X1920
WQXGA+
価格
Amazon
335,000円
i7/8/512GB
290,000円
i5/16/256GB
270,000円
i5/8/256GB
カラー ブラック シルバー&ブラック シルバー
発売 2020年1月24日

 

「Let'snote QV8」は、4コアCPUを搭載した12インチ2-in-1では最小クラスで、デジタイザペンに対応し、シリーズの堅牢性も備わっている他、以下の特徴を持ったモデルです。

 

12.0インチ回転式「Let'snote QV8」の特徴

1.4コアCPU搭載の2-in-1では最小クラス

  • ・本体サイズは273.0x209.2x18.7mmとA4用紙よりも小さく、重量はWiFiモデルで約949g
  • ・冷却機構の設計を見直し、薄型で高回転/大風量/低振動の新開発ファンを実装

2.第8世代インテル「Core i」プロセッサー搭載

3.ディスプレイは12.0インチ

  • ・解像度:WQXGA+(2880X1920)、アスペクト比 3:2
  • ・傷つき防止と映り込みを抑制するアンチリフレクション保護フィルムを貼付
  • ・B5(257×182mm)サイズを「ほぼ実寸大」で表示可能

4.薄型2-in-1でも充実のインターフェース

  • ・Thunderbolt 3対応のUSB3.1 Type-C x1、USB3.0 Type-Aポート x3
  • ・LANコネクター(RJ-45)、外部ディスプレイコネクター(アナログRGB ミニD-sub 15ピン)、HDMI出力端子(4K60p出力対応)

5.シリーズ内他モデルと同様に耐久試験をクリア

  • ・76cm落下試験実施、100kgf加圧振動試験実施、キーボード打鍵試験など
  • ・天板は、一重の段差で段差の凹みがほとんどないシングルボンネットにして天板の薄型化を実現

6.オプション(別売:税別9,800円)で、デジタイザペン(CF-VNP024U)を用意
(感圧センサー1,024段階、Microsoft Pen Protocol準拠)

7.その他

  • ・顔認証用IRカメラ(前面)と指紋認証センサー(パームレスト右)を装備
  • ・キーボードは、キートップが外れにくいアイソレーションタイプを新採用
  • ・スリープ状態でもWi-Fi通信やチャット・メール受信などが行えるモダンスタンバイに対応
  • ・専用のバッテリを用意しており、ユーザー側で交換可能

 

なお、他のディスプレイ回転式2-in-1と同様に、ノート、テント、スタンド、タブレットの4つのスタイルで利用できますが、表示画面が自動回転するのはタブレットモードのみで、スタンドモードでは手動で画面を回転させる必要があるようです。

また、キーボードが無効化されるのは、タブレットモードのみです。

 

「店頭モデル」主な特徴(一部、製品サイトから引用)

1.CPUは、

  • ・Core i7-8565U(1.8GHz、最大4.6GHz、4コア)又はCore i5-8265U(1.6GHz、最大3.9GHz、4コア)
  • ・GPUは、Intel UHD Graphics 620

2.プリインストールOSは、Windows 10 Pro(64bit)

3.ディスプレイは、

  • ・12.0インチ(3:2)WQXGA+ TFTカラー液晶ディスプレイ(2880X1920)
  • ・アンチリフレクション保護フィルム付、静電容量式マルチタッチ

4.RAMは、8GB LPDDR3
Core i5搭載モデルには、16GB LPDDR3も選択可能

5.ストレージは、最上位(LTE)モデルが512GB PCIe、他モデルは256GB PCIe

6.カメラは、

  • ・前面のみ2.07MP 顔認証対応カメラ
    有効画素数 最大1920x1080ピクセル
  • ・アレイマイク搭載

7.外部接続は、

  • ・USB 3.0 Type-C x1(Thunderbolt 3、USB Power Delivery対応)、USB 3.0 Type-A x3(内1つはスマホ充電対応を兼用)
  • ・Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac、インテル Wireless-AC 9560
  • ・HDMI(4K60p出力対応)、アナログRGBミニD-sub 15ピン、有線LAN(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)

8.カードスロットは、

  • ・SD/SDHC/SDXC(最大128GB、UHS-I・UHS-Ⅱ高速転送対応)
  • ・最上位(LTE)モデルには、nano SIMカード
    (通信速度:下り最大300Mbps/上り最大50Mbps)

9.センサーは、照度、地磁気、ジャイロ、加速度、指紋認証、顔認証

10.Officeは、Office Home and Business 2019を標準搭載

11.その他、

  • ・オプション(別売:税別9,800円)で、デジタイザペン(CF-VNP024U)を用意
    (感圧センサー1,024段階、Microsoft Pen Protocol準拠)
  • ・PCM音源(24ビットステレオ)、インテル High Definition Audio準拠、ステレオスピーカー
  • ・セキュリティチップ:TPM(TCG V2.0準拠)
  • ・OADG準拠86キー キーボード(キーピッチ横19mm/縦15.2mm、ストローク2mm)、アイソレーションタイプ、丸型ホイールパッド
  • ・76センチからの落下試験、100kgf(重量キログラム)の加圧振動試験、キーボード打鍵試験などをクリア

12.サイズは、

  • ・全モデル共通で、263.0 x 209.2 x 18.7(mm)
  • ・重量は、最上位(LTE)モデル:約979g、他モデル:約949g
  • ・駆動時間(JEITA Ver.2.0)は、約10時間

 

「Let'snote QV8」2020年春(店頭モデル)

  Let'snote QV8
i7/8/512GB
QV8PFNQR
i5/16/256GB
QV8NDMQR
i5/8/256GB
QV8NDGQR
CPU Core i7
8565U
(4コア)
Core i5
8265U
(4コア)
クロック 1.8GHz
MAX4.6GHz
1.6GHz
MAX3.9GHz
GPU Intel UHD 620
OS Windows 10 Pro 64bit
RAM 8GB
LPDDR3
16GB
LPDDR3
8GB
LPDDR3
ROM 512GB PCIe 256GB PCIe
価格
Amazon
335,000円
i7/8/512GB
290,000円
i5/16/256GB
270,000円
i5/8/256GB
  Let'snote QV8
i7/8/512GB
QV8PFNQR
i5/16/256GB
QV8NDMQR
i5/8/256GB
QV8NDGQR
ディス
プレイ
12.0インチ 3:2
2880X1920
WQXGA+
静電容量式タッチパネル
アンチリフレクション保護フィルム付
前面
カメラ
2.07MP、顔認証対応
背面
カメラ
  Let'snote QV8
i7/8/512GB
QV8PFNQR
i5/16/256GB
QV8NDMQR
i5/8/256GB
QV8NDGQR
USB USB3.0 Type-C x1
Thunderbolt 3、電力供給
USB3.0 Type-A x3
内1つはスマホ充電兼用
映像
出力
HDMI(4K60p出力対応)
アナログRGBミニD-sub 15ピン
その他 有線LAN
1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
Blue
tooth
5.0
カード SD/SDHC/SDXC(最大128GB)
nano SIM
無線
LAN
Intel Wireless-AC 9560
802.11 a/b/g/n/ac
  Let'snote QV8
i7/8/512GB
QV8PFNQR
i5/16/256GB
QV8NDMQR
i5/8/256GB
QV8NDGQR
キー
ボード
OADG準拠86キー
キーピッチ横19mm/縦15.2mm、ストローク約2mm
アイソレーション
セキュリティ
チップ
TPM(TCG V2.0準拠)
ペン オプション(CF-VNP024U:税別9,800円)
アクティブペン
1,024段階、単6アルカリ電池
Microsoft Pen Protocol準拠
センサー 照度、地磁気、ジャイロ、加速度
指紋認証、顔認証
Office Office Home and Business 2019
その他 ステレオ スピーカー
PCM音源(24ビット)
High Definition Audio
アレイマイク
  Let'snote QV8
i7/8/512GB
QV8PFNQR
i5/16/256GB
QV8NDMQR
i5/8/256GB
QV8NDGQR
駆動 JEITA Ver.2.0 約10時間
サイズ
高さ

厚さ
(mm)
273.0
209.2
18.7
重量 約979g 約949g
カラー ブラック シルバー&ブラック シルバー
発売 2020年1月24日

 

関連するモデル情報(当サイト)

Let'snote QV8(2019年秋冬モデル)」パナソニック(12.0インチ回転式、従来モデル)

  • Let'snote QV8

    Let'snote QV8

    i7/8/512GB+LTE

  • Let'snote QV8

    Let'snote QV8

    i7/8/256GB

  • Let'snote QV8

    Let'snote QV8

    i5/16/256GB

  • Let'snote QV8

    Let'snote QV8

    i5/8/256GB

 

「Let'snote QV8(2020年春)」パナソニック(12.0インチ回転式)

Letsnote QV8

CPU 1.6/1.8Ghz OS Win10 Pro 発売 2020年1月24日
RAM 8/16GB ROM 256/512GB PCIe
ディスプレイ 12.0インチ 2880X1920 カメラ 2.07MP
メーカー 製品情報 プレスリリース 直販 Panasonic Store
価格 335,000円 290,000円 270,000円
Amazon i7/512GB+LTE i5/16/256GB i5/8/256GB

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「MT-WN1004-V2/Pro」マウスのWin10搭載10.1型着脱式2-in-1、同サイズの他モデルと比較

次へ

「Let'snote RZ8(2020年春)」パナソニックのWin10搭載10.1型回転式2-in-1、従来モデルを継承

Page Top